柔道整復科(柔道整復師 専門学校)

医療で生命を守る。



八王子 3年制 柔道整復師をめざす人の情報ブログ 柔道整復科blog

柔道整復科 オープンキャンパス+体験入学 柔道整復師 実技体験イベント開催

研修時代 

2009年06月30日 研修時代 

最近夢に見ました。

研修時代当時のことを・・・

整形外科専門医の院長先生の元、出来の悪い私は一生懸命努力していました。優秀な先輩、出来の良い年下の同期生で医院では先輩。いろいろな人に助けられました。

厳しくも楽しい研修時代だったのですが・・・

 

この前みた夢は違いました。

包帯を止める時に紙絆創膏を使用していたのですが、それを少し高いものを使用してしまいました。

 院長先生に呼ばれてきつく叱られます。(実はこれは実際にあった話なのですが、その後は気をつけて二度と怒られることはありませんでした)院長室から帰ると仲間の態度が明らかに違います。私を二度みしたり、チラ見したり・・・そして誰も口をきいてもらえないだけでなく、視線すら合わせてくれません。患者さんもわざと私を避けます・・・なぜ・・・

たった一度の過ちなのに・・・患者さんには最大限の努力を払って失敗の無いようにしているのですが、そして失敗の許されない世界というのは重々承知です。

 しかし、患者さんにはまったくと言って良いほど不利益のない、包帯を止めるテープを単価高いものを使用しただけなのに・・・

あまりにもみんな冷たいよ!と思ったところで目が覚めます。

何かの暗示なのでしょうか・・・

不思議な気分で目を覚ましてしまいました。

 

 

 

n-18963848 at 8:11 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

名前
URL
 
  絵文字