柔道整復科(柔道整復師 専門学校)

医療で生命を守る。



八王子 3年制 柔道整復師をめざす人の情報ブログ 柔道整復科blog

柔道整復科 オープンキャンパス+体験入学 柔道整復師 実技体験イベント開催

ライスカレーとカレーライス

2009年09月30日 ライスカレーとカレーライス

ライスカレーってもう死語なんですかね・・・

ならもう説明の必要ないのかもしれませんが・・・

 

カレーが日本に入ってきた当初は、「ライスカレー」と呼ばれていたそうです。

しかし、1960年代に入り「カレーライス」と呼ぶことが増え現時点では「ライスカレー」と呼ぶことはほとんど無くなりました。

確かにその頃は「ライスカレー」と「カレーライス」はどこが違うの?と結構真剣に議論されていた気がします。

その頃の主な意見を思い出したり、調べてみたら

1.カレーとご飯の分量でご飯が多ければライスカレー、カレーが多ければカレーライス。

2.和風がライスカレー。洋風がカレーライス。

3.陶器の食器でまんべんなくカレーがかかっているのが、ライスカレー。銀のさらでカレーが端によってかけられているのがカレーライス。

4.とろみの有るのがライスカレー。さらっとしているのがカレーライス。

5.大衆食堂で出るのがライスカレー。高級料理店で出るのがカレーライス

でした。

なんか昭和の香がカレーの香とともに漂ってきましたね。

今日のランチはライスカレーにします(笑)

 

n-18963848 at 5:5 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

名前
 
  絵文字