柔道整復科(柔道整復師 専門学校)

医療で生命を守る。



八王子 3年制 柔道整復師をめざす人の情報ブログ 柔道整復科blog

柔道整復科 オープンキャンパス+体験入学 柔道整復師 実技体験イベント開催

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

2010年09月28日 カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症

カプノサイトファーガ・カニモルサスCapnocytophaga canimorsus)はグラム陰性の桿菌で、人獣共通感染症病原体です。イヌネコの健康な歯肉細菌叢の構成細菌です。

学名は、Capnocytophaga canimorsusです

主にイヌネコなどによる咬傷・掻傷から感染し、発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などの症状を伴う病気です。

重症例では劇症の敗血症髄膜炎を引き起こし、播種性血管内凝固症候群DIC)や、敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至る事があるそうです。

免疫機能の低下(アルコール中毒糖尿病などの慢性疾患、免疫異常疾患、悪性腫瘍にかかっている方、高齢者など)が重症化に繋がりやすいとされています。また脾臓摘出者がかかりやすいことは知られています。

予防法

厚生労働省が推奨する動物との過度のふれあいは避け、動物と触れあった後は手洗いなどを確実に実行することです。

n-18963848 at 9:51 | コメント(0) | この記事のURL | |

コメントする

名前
 
  絵文字