柔道整復科(柔道整復師 専門学校)

医療で生命を守る。



八王子 3年制 柔道整復師をめざす人の情報ブログ 柔道整復科blog

柔道整復科 オープンキャンパス+体験入学 柔道整復師 実技体験イベント開催

PIP関節 掌側脱臼?

2018年03月26日 PIP関節 掌側脱臼?

土曜日夕方 PIP関節掌側脱臼の相談を受けました。

バスケットボールの練習試合中ゴール下で指を背側からたたかれ掌側に脱臼した様です。
そもそもまれな症例ですが、発生機転から言って起こり得ます。
ただ、PIP関節が伸展したままで基節骨に対し中節骨が平行に掌側に移動していたそうです。

私もそんなに経験したことはないのですが、30年近い前の記憶をたどるとどこかで少ないなりに定型と呼ばれている屈曲位のものを無理に伸展させ正中索が整復阻害因子になった症例を2例経験しています。

あまりわかっていなかったのですが、何とか2例とも整復できてその後はボタンホール変形の治療をした記憶があります。
先輩が整復したのが1例、私自身が整復したの1例と言う数ですの「偶然」と言われても仕方ありませんが、一応その時の整復方法を記載しています。

伸展位で水平に軸転位した中節骨をさらに掌側に1mm程度平行移動させてから中節骨の長軸方向に牽引し、そのまま屈曲位します。そして中節骨基部に基節骨長軸方向へ力が加わるように(いわゆるてこの原理を利用し)そのまま伸展します。すると整復できました。ただ、私が行ったときはうまく行かず正中索を基節骨側から指で手繰り寄せた記憶があります。

まあ、そもそも一応上記を伝えたのですが、整復の可否も連絡が来ていません。
したがって脱臼だったかどうかもわかりませんが・・・
相談してくれた先生の実力から言えば骨折と間違えることはないとは思うのですが・・・・

file:///D:/Users/honzawamts/Desktop/PIP%E6%8E%8C%E5%81%B4%E8%84%B1%E8%87%BC.pdf

に文献は出ていました。


n-18963848 at 11:34 | この記事のURL | |